FC2ブログ
バイクコミュニティサイトRiders-Cafe”JAWS”、主催者さめによるブログ。
プロフィール
Riders-Cafe”JAWS”

皆さま、アクセスありがとうございます。
日記や趣味のバイク・車の関係
仕事の愚痴など、ボチボチ更新したいと思います。
相互リンクなどもお願いします。

バイクコミュニティサイトRiders-Cafe”JAWS”もよろしくです。

ライダースカフェ
CalenderArchive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
最近の記事
リンク

急患

2010.04.03(12:52)
北九州から急患?
大きな病院で死亡の診断を受けた車体が届いた。
「完全に死亡。部品取り用」とのこと。


DSCF2062.jpg





お久しブリブリ。ジェベル200です。
なぜか縁があるこのシリーズ。安くて壊れ易いから?

DSCF2060.jpg




スズキにしては痛みが少ない。メーターの変色も無し。
ハンドル周りもテカテカです。

DSCF2061.jpg




タンクも艶々。フォークも極上。
アルミの腐食もほとんどありません。もったいない。

DSCF2063.jpg






ホントに死んでるのか?

ヘッド周り。開けて点検。
ここは異常なし。てか最近開けられた形跡アリ。
素人ではなくプロまたはセミプロの手による様子。
ボルトの劣化も無し。内部のキズも皆無。
DSCF2064.jpg





カムを外します。
このエンジンはカバーにロッカーアームが付いています。

カムスプロケを落さないようヒモで縛っておきます。
この段階では・・・まだ検死のつもりでした。

DSCF2068.jpg




テンショナーを外して。


DSCF2065.jpg





これ以上はアカン・・・と思いながらヘッド剥離。
やり出すと止まりません。


DSCF2066.jpg







あーあ。シリンダまでバラしちゃいました。

ここで病巣発見。クランク(コンロッド)のベアリングが砕けてます。
きっとサイドにもコンロッドそのものにも影響出ているはず。
ガタガタで上下に5mmくらいの遊びが出てました。


DSCF2069.jpg





あはは、バラバラです。
解剖のつもりだったので、手抜き作業になっちゃいました。

DSCF2070.jpg






念のため、フライホイル、ワンウェイクラッチ、セルの点検。
ここは異常なし。

DSCF2072.jpg



たしかに死んでる・・・
外装やシートのドナーにするか・・・


いや、逆にドナーを探すか?
SX系のエンジンは中古が少なく、あってもジャンク。
200の単体で生きてるのは車体より高価。

じゃ、どうするよ?

10年ぶりくらいに、クランクケース割るか?

ほんと久しぶりに、エンジン全バラやってみる?


にほんブログ村 バイクブログへ
 ↑
場所も時間もないのに、やめときなさい!と思う人はクリック。
どーせやるんやろ?と思う人はダブルクリック。

ジェベル、SX、DF、200のエンジン捨ててあるの見つけた人はご連絡!

この前、積み替えた200のエンジン捨てた?
はい!捨てました!!
こんな事なら・・・置いときゃよかった(涙)

コメント

あ~あ、またサメさんの病気が始まりましたね。今度オイラの死んでるCB見てください・・・。

あ、そうそう久しぶりにかどや麺を食ってきました。平日なのにババ混み・・・。美味かった~。
【2010/04/03 16:11】 | ラーメン大好きコイケ #- | [edit]

コメント

>コイケさん
そや!CBやりましょうよ!
【2010/04/03 17:43】 | さめ #/W7q9YNI | [edit]

コメント

う゛ぉるてぃの円陣って乗らへんのん???
乗ったら乗ったで面白そうなのに・・・。


あ、こんな事考えるのはヲラだけか。(w
【2010/04/03 21:06】 | hov3 #SFo5/nok | [edit]

コメント

>hov3さん
それ、真っ先に考えたんですが・・
ボル、DR、GOOSE、グラトラ、これらはケースほぼ共通。
ジェベ200は125、GNとかと同じ。
マウントが全然違うんす(涙)
【2010/04/04 07:26】 | さめ #/W7q9YNI | [edit]

コメント

素人ながら、クランクケースの中見てみたい!
どーせやるんでしょう!(笑)
【2010/04/04 11:11】 | ノブ #- | [edit]
コメントする












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックurl

http://riderscafe.blog46.fc2.com/tb.php/380-50b00a1f

| ホームへ |

▲このページのTOPへ