バイクコミュニティサイトRiders-Cafe”JAWS”、主催者さめによるブログ。
プロフィール
Riders-Cafe”JAWS”

皆さま、アクセスありがとうございます。
日記や趣味のバイク・車の関係
仕事の愚痴など、ボチボチ更新したいと思います。
相互リンクなどもお願いします。

バイクコミュニティサイトRiders-Cafe”JAWS”もよろしくです。

ライダースカフェ
CalenderArchive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
最近の記事
リンク

劇的・ビフォーアフター

2010.12.08(03:31)
ザッパー号のシートが不評。
確かに腰高でデザインが悪い。軽くて乗りやすいけど
小柄な人にはちょっとばかしシートが高い。


RIMG0676_20101208005547.jpg


シートのアンコ抜き作業開始です。
ますは表皮を剥がす作業。これが一番厄介。面倒臭い。
乱暴にやるとシート地を痛めるので、コツコツ1つずつステープル外します。

RIMG0666.jpg



約三分の二外したところで剥がします。
全部外してもいいのですが、一部残した方が貼り付けの時に楽です。

RIMG0668_20101208005356.jpg



一般的にはスポンジの上を削ります。
WEBで検索してもカッターで削ったり手でちぎったり。

プロはホットナイフやサンダーで成型するともありました。

RIMG0669.jpg


うしし。ボクには秘策があるんですよ。
表面の荒れをシートスポンジで誤魔化したり、タックロール地に張替え
いろんな成型方法があるようですが・・・

表面削るからダメなんですよ!

まずは思い切って半分に切ってしまいます。
カッターで表面に切り目を付けたら、あとはパン切り包丁です。
100均の安物ですが、面白いように切れます。
カッターでやると、切り過ぎたり変な方向に切れたりします。


RIMG0671_20101208005355.jpg



はいはい、裏面を削ぎ落とすように切っていきます。
多少のアラは無視。ガタガタでも構いません。

この切り方・・・何かに似てるぞ・・・・

RIMG0673.jpg


ケバブやん!
RIMG0674_20101208005354.jpg




MOTO3のケバブの切り方を盗んでいたのか
実にうまく切れました。てか削ぎ落せました。


あとはスポンジを押し込み。後ろを基点にタッカーで留めます。
横方向に少し生地の余りが出るので、引っ張って弛みを取ります。

最初の写真と変わってないやん!!って?

RIMG0663.jpg



でも、ほれ。こんなに裏側を削ぎ落としたんですよ。

RIMG0677.jpg




ビフォー

RIMG0664.jpg




アフター

RIMG0675.jpg



足付き向上のアンコ抜きは、上部だけでなくサイドが重要。
実際に乗って、足を伸ばしてどの位置に当たってるかを確認。
スポンジを薄く残してそこを重点に削ぎ落します。

画像では高さ方向に3~4センチ下がってますが
実は幅方向にも1センチづつくらい狭くなってます。
着座のお尻の位置は厚みも幅も確保したまま
足を下ろした時の太ももが通る位置が薄くなれば快適ですよね。

塗装はサッパリでしたが、アンコ抜きはプロを超えた?(笑)


ビフォーアフターと言えば・・・

ビフォー

こちら

アフター

こちら



にほんブログ村 バイクブログへ
 ↑
夜は寝た方がいいと思う人はクリック。


余談ですが、回収したスポンジの破片いがいに
大量にスポンジの粉が発生します。
サンダーで削るとかよりマシですが、掃除がシャレになりません。




コメント

「ケバブシート」(≧∇≦)
【2010/12/08 08:55】 | 大熊猫 #- | [edit]

コメント

お見事ぉ~!!   v-218
【2010/12/08 09:16】 | ロンゲのオヤジ #jsYRjXfs | [edit]

コメント

あと、串刺しにしてクルクル回しながら削って。
何ならバーナーで加熱しながら....v-8
【2010/12/08 21:32】 | moto3 #- | [edit]

コメント

>大熊猫
けっこういい具合に出来たぜい!

>オヤジ
アンコ抜き専門店でもやりまっか

>MOTO3
記事にしませんでしたが、曲げのため
マジでバーナーで炙りました。
【2010/12/08 23:09】 | さめ #/W7q9YNI | [edit]
コメントする












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックurl

http://riderscafe.blog46.fc2.com/tb.php/480-175ab736

| ホームへ |

▲このページのTOPへ